vagrant-chef-centos-wordpressを導入してMacにサイト開発環境を作成。
今で作ったフォルダと並列に新しいフォルダを作成して、Vagrantfileをコピー。ファイルの中身を書き換えて上書き。

ターミナルで作成したフォルダに移動して、vagrant up

これでOK。ファイルの中身に気をつけて。
後は、Hostsを追加してと。

Vagrantfileファイルの修正 

 
・private_networkをpublic_networkに。(デフォルトと違うところ)
     config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"
      ↓
      config.vm.network :public_network, ip: "192.168.xxx.xxx"

・割り当てたIPとホスト名を間違えないように。WP_HOSTNAME WP_IP(コピー元ファイルと違うところ)
・WP_CHEF_COOKBOOKS_PATH = '~/wp' (デフォルトと違うところ)
・WP_LANG = "ja" (デフォルトと違うところ)
・WP_DB_HOST = 'localhost'(デフォルトと違うところ)
下記大事。
  • WP_VERSION = 'latest'
    • WordPressのバージョンを指定できます。(WordPress 3.4以降のみ)
    • 最新版を使用したい場合は、latest を指定してください。(デフォルト)
    • ベータ版を指定することも可能です。(例: 3.7-beta2)
  • WP_LANG = "ja"
    • wp-config.phpに指定するWordPressの言語(WP_LANGの値)を指定してください。
    • WP_VERSION の値との組み合わせによっては、その言語のバージョンが存在しないためにエラーになる可能性があります。その場合はこの値を "" にしてください。
  • WP_HOSTNAME = "wordpress.local"
    • WordPressサイトのホスト名を指定してください。(例: exmaple.comdigitalcube.jp など)
    • この値はWordPressのURLにも使用されます。
  • WP_DIR = ''
    • WordPressをサブディレクトリ以下にインストールしたい場合はサブディレクトリ名を指定してください。
    • WordPressのURLは、WP_HOSTNAMEWP_DIR を結合したものが使用されます。
    • たとえば、http://wordpress.local/wp/ でWordPressを構築する場合は、/wp または wp と指定してください。
  • WP_TITLE = "Welcome to the Vagrant"
    • デフォルトのWordPressのタイトルを指定してください。
  • WP_ADMIN_USER = "admin"
    • デフォルトのWordPressのユーザー名を指定してください。
    • このVagrantfileでエクスポートしたデータを本番サイトに適用する際のために、ここはカスタマイズして使用することを推奨します。
  • WP_ADMIN_PASS = "admin"
    • デフォルトのユーザーのパスワードを指定してください。
  • WP_DB_PREFIX = 'wp_'
    • WordPressのデータベース内のテーブルに使用されるプレフィックスを指定してください。
  • WP_DEFAULT_PLUGINS = %w(theme-check plugin-check hotfix)
    • デフォルトでインストール&有効化するプラグインを配列で指定してください。
    • プラグインは、公式ディレクトリ上のプラグインであればプラグイン名、もしくは .zip ファイルまでのURLでも指定できます。
  • WP_DEFAULT_THEME = ''
    • デフォルトでインストール&有効化するテーマを指定してください。
    • テーマは、.zipまでのURLを指定するか、公式ディレクトリ上のテーマであれば twentyfourteen などのテーマ名でも指定可能です。
  • WP_IS_MULTISITE = false
    • true に変更すると、マルチサイトが有効化されます。
    • マルチサイトは、デフォルトでサブディレクトリ型になります。サブドメイン型を使用するにはwp-config.phpを手作業で修正してください。
    • サブドメイン型のマルチサイトを構築するには別途DNSサーバー等を用意する必要があります。
  • WP_FORCE_SSL_ADMIN = false
    • true に変更すると、ログイン時及び管理画面でSSLが強制されます。
    • SSLの証明書はダミーの自己証明書が適用されています。
  • WP_DEBUG = true
    • true の場合、デバッグモードが有効化されます。(デフォルト)
    • 開発用を想定しているので、有効化しておくことをご推奨します。
  • WP_THEME_UNIT_TEST = false
  • WP_ALWAYS_RESET = true
    • true の場合、vagrant provision のたびに、WordPressデータベースが再構築されます。(デフォルト)
    • データベースが再構築されると、投稿した記事等のデータは全て消えますのでご注意ください。
  • WP_IP = "192.168.33.10"
    • 仮想マシンのプライベートIPアドレスを指定してください。

プロビジョニング後のVagrantfileのカスタマイズについて

プロビジョニング後(vagrant upした後)にVagrantfileを修正しその結果を反映するには以下の手順を踏む必要があります。

  1. vagrant up でマシンを起動
  2. Vagrantfileを修正。このとき WP_ALWAYS_RESET の値が true であること。
  3. vagrant provision コマンドを実行して変更内容を反映。
  4. vagrant reload でマシンを再起動。

なお、vagrant provision の際にはWordPress本体は、Vagrantfileで指定されたものに上書きされますが、wp-content/ 以下のプラグインやテーマ等のファイルは、プロビジョニング前のファイルがそのまま残ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation