Browse Month: 3月 2012

韓国旅行に行った母の感想

この一年で二回韓国旅行に行った母。
食事はおいしいし、人は優しいし、とにかく楽しいらしい。
もともと韓国の人の肌はきめが細かくて陶器のように綺麗だというのが私の感想。
母は、帰ってくるなり言っていた。
「カタツムリやら蛇のおかげか、屋台のおばさんまでお肌つるつるだよ、韓国は」
って。。。ちょびっと違う気がします。

それでも時刻がずれますの。

例えば、次の同期が 21:30 になっていて 中側の時計は、21:24:56 になっている時、 実際の時刻は 21:32 とか。
実はこのWindows Server 2008 R2は、KVMのゲスト。ここに問題があるらしい。
で、ここ
って、英語じゃんw
これ自分で探した情報じゃない。探せません、私には。
Virtualization poses various challenges for guest time keeping. Guests which use the Time Stamp Counter (TSC) as a clock source may suffer timing issues as some CPUs do not have a constant Time Stamp Counter. Guests without accurate timekeeping may have issues with some networked applications and processes as the guest will run faster or slower than the actual time and fall out of synchronization.
ここのページの最後に、Using the Real-Time Clock with Windows Vista, Windows Server 2008 and Windows 7 guests って項目があるので、お試ししてみましたの。
・・・コマンドプロンプトでディレクトリチェンジもできない私。それもググってやってみました。
「この操作は正しく終了しました」ってんで、おしまい。
後は様子見です。

WindowsServer2008r2 時刻の同期

ちなみに、サーバーのことなんて全くしらない素人ですから。
ドメインとかに参加していない、独りぼっちのサーバが、外部のタイムサーバと同期する間隔はデフォルトでは一週間。
これをせめて10分おきくらいにはしたいな。って成功したんで記録を残すことにしたの(*`・д・)ノダ-!!
・コマンドプロンプトで現在の設定を確認
C:UsersAdministrator>w32tm /query /configuration
この中で、 SpecialPollInterval:604800(ローカル) という記述を見つける。
ここを600にしたい。
・レジストリをさわっちゃうことに決める。コマンドでできるのだと思うけど、すぐに判らなかったので。
C:WindowsSysWOW64Regedit.exe
でレジストリエディタを起動。
HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetservicesW32TimeTimeProvidersNtpClient
の中に SpecialPollInterval 発見。
ダブルクリックすると、DWORD値の編集 ウィンドウが立ち上がるので、そこで値のデータを604800から600に変更。
以上で完了。こうして書くと簡単だわw