魔王

またまた伊坂氏の本です。
これは、またちょっと色が違って面白かったです。
作中に出てくる宮沢賢治の詩や物語については、もう一度オリジナルを読んでみようと思わせられます。

Related 魔王

いろいろなコメントが本の帯に書かれていますが、読後、どれもあまりピンとこなかったなぁ・・・。確かに怖いなと思うところもたくさんあったけれど。群集の恐ろしさとかね。でも、そういうものに流されてしまっても、めくれているスカートを直してあげられる人でいようとする意志を持つ人たちがいて。
ぜひ、読んでみてください。あ、でもこれを読んだ後のほうがいいかも。

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください