森博嗣著。
だんだん核心に迫っている。。。のかな?
事件が発生してその謎解きをするっていう類の小説じゃなくなってるので、この1冊だけを読んでも面白くないでしょう。絶対に。

Related ηなのに夢のよう

ずーっと読んでいるからわかるシーンや、(たとえば紅子さんと真賀田博士の最初の出会いのシーンとか。)登場人物が入り乱れ、さらに前読んでなきゃわかんないでしょっていうセリフをはきまくります。
だから、森ファンにはたまらない一冊じゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation