雫井脩介著。


Related


犯人に告ぐ

映画化されてから買ったかな。やっと読了。
本、買いすぎてなかなか読み出せない本がいっぱい。
帯の豊川悦司さんに怒られてる気分ですよ。
つねづね書いているけど、本って、面白い本だと頭の中にその人物像ができあがってくるでしょ?
面白くない本はそれができないんだよね、私の場合。
でも、これ帯にトヨエツさん。なので、主人公は私の知ってるトヨエツさんになっちゃって、読んでも読んでもトヨエツさん。
もちろん、嫌じゃないけど。
イメージが固まってしまうと、ストーリーというか、本の色が決まってくるんで。帯の写真でこうなっちゃうんだから。
映画化された作品は、どんな本でも読んでから観た方がいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation