吉田 修一著。


Related


悪人

それぞれの登場人物の部分部分に、自分を重ねることのできる本でした。
哀しいし、暖かいし、つらいし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation