ちょっとした偶然が重なって、○○○電機さんに行って来ました。
忙しい時なのに、とても丁寧に対応していただいて恐縮しまくり。
とにかくお店には何もありません。。。ほんっとに何にも。
メーカー貸し出し品以外は、細かいパーツもぜーんぶなくなっていました。
ここまでする??っていう感は否めません。
ここからは私の拙い想像なので、読み流してくださいね。
スケープゴートにされちゃったんじゃないかなぁって思ったんです。
いっても在庫品を担保に設定してあるでしょ?で、再生のためには営業を続けなくちゃいけない。だから、それを差し押さえるなんてことしないでしょっていう借りた側の気持ちがあるじゃないですか。でも、貸した側は、それはダメでしょ、うちはやるよっていうのを見せたんじゃないかなと。
貸したら回収しないと商売にならないし、少しでもということなんですよね。
在庫は減るは、回収できないはじゃあね。
なんとか、営業を続けていって返済したいんだっていう熱意と誠意を見せなきゃいけなかったんだと思いますけどいかがでしょうか。
担保に設定されているのに、了解なく販売されたらそりゃ。。。
12月中旬にお店は再開する予定だそうです。店員さんたちは本当に頑張ってる。
なんとか再開できることを心からお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation