Browse Day: 2月 24, 2009

死刑基準

加茂 隆康 著。


Related


死刑基準

裁判員制度が始まりますね。なんだか、自分がそうなったらイヤだなと思いながらも、決まったことだから仕方がないという感じで世の中が動いているのでしょうか。
私は、疎すぎるのかもしれませんが、いつ決まったの?という感じを受けています。そんなのいいんでしょうか。
この小説では、死刑廃止論者である弁護士の妻がレイプ・殺害されます。
犯人が捕まるのですが、レイプは認めるけど、殺害については否認しています。その状況で裁判が始まる。
検察は死刑を求刑するわけです。。。
証拠が不十分であるにも関わらず、検察側が犯人だと決めて裁判が行われたとき、裁判員は客観的にその罪の有無を判断できるのでしょうか。
この小説では、警察が把握した証拠が上層部の指示により隠蔽されます。そんなことが行われないといえるでしょうか。
ミステリーとしては、最後のどんでん返しがちょっと強引だったのと、これは現行の法律がそうだから仕方ないのかもしれませんが、レイプという犯罪が軽視されすぎている気がしたので、△です。
でも、死刑とか裁判員制度とか考える意味ではいいきっかけになる小説だと思います。