三浦しをん著
直木賞作品ですから。
それなりに面白く読みました。
キャラ設定に少し無理があるかも・・・なんて思いながらも一気に読んだので。
映像化したらいいかも。

舞台となっている土地についてわかっていると面白さが増すみたいです。
それは森博嗣さんの作品を私が読むときに思うことと同じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation