殺してもいい命—刑事 雪平夏見

秦 建日子 (著)
なかなかショッキングな題名です。
これまでの雪平刑事シリーズの中では一番好きですね。
久しぶりに一晩読破本となりました・・・最近、なんだか本を読み進めることができず、読破できていない本が山積みです。

最初のつかみ、伏線、どんでん返し。
テンポも良くて、ついつい夢中に。
最後は、「えーここで終わりなん?」という感じなんですが。。。次回作、期待してしまいます。

One Comments

  • はじめまして。
    TBさせていただいたので御挨拶です。
    さすが脚本家さんだけあって、読みやすいですよね。
    それにしても、ラスト、気になりますね。

    Reply

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください