本多 孝好 (著)

面白かったです。週末に一気読み。
繰り返される日常の中で、自分の存在に疑問をもってしまうと、死んじゃいたいって思うことってあるかもしんない。
なんて思いながら、重たーい気分で読み出したのですが、主人公の女性、途中からキャラ変わって(そう、あれ?と思って何度も読み返したりしたから)。
この女性がどうなるかっていうことと、もう一人の主人公、雑誌の記者が追っている謎がからみあって、最後はそうなんだぁ〜っていうビックリが待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation