Browse Category: 大好き

忘れないように

好きな女優さんの一人です。

Read her speech in full:

You’ll have to forgive me, I’ve lost my voice in screaming in lamentation this weekend, and I have lost my mind sometime earlier this year, so I have to read.

Thank you, Hollywood Foreign Press. Just to pick up on what Hugh Laurie said, you and all of us in this room, really, belong to the most vilified segments in American society right now. Think about it: Hollywood, foreigners, and the press.

But who are we, and what is Hollywood anyway? It’s just a bunch of people from other places. I was born and raised and educated in the public schools of New Jersey. Viola [Davis] was born in a sharecropper’s cabin in South Carolina, came up in Central Falls, Rhode Island. Sarah Paulson was born in Florida, raised by a single mom in Brooklyn. Sarah Jessica Parker was one of seven or eight kids from Ohio. Amy Adams was born in Vicenza, Veneto, Italy, and Natalie Portman was born in Jerusalem. Where are their birth certificates?

And the beautiful Ruth Negga was born in Addis Ababa, Ethiopia, raised in London — no, Ireland, I do believe, and she’s here nominated for playing a small-town girl from Virginia. Ryan Gosling, like all the nicest people, is Canadian. And Dev Patel was born in Kenya, raised in London, is here playing an Indian raised in Tasmania. So Hollywood is crawling with outsiders and foreigners, and if we kick them all out we’ll have nothing to watch except football and mixed martial arts, which are not the arts.

They gave me three seconds to say this. So an actor’s only job is to enter the lives of people who are different from us, and let you feel what that feels like. And there were many, many powerful performances this year that did exactly that. Breathtaking, compassionate work. But there was one performance this year that stunned me. It sank its hooks in my heart. Not because it was good. There was nothing good about it. But it was effective and it did its job. It made its intended audience laugh and show their teeth. It was that moment when the person asking to sit in the most respected seat in our country imitated a disabled reporter, someone he outranked in privilege, power, and the capacity to fight back. It kind of broke my heart when I saw it, and I still can’t get it out of my head. Because it wasn’t in a movie. It was real life.

And this instinct to humiliate when it’s modeled by someone in the public platform, by someone powerful, it filters down into everybody’s life because it kind of gives permission for other people to do the same thing.

Disrespect invites disrespect. Violence incites violence. And when the powerful use their position to bully others, we all lose.

Okay, this brings me to the press. We need a principled press to hold power to account, to call them on the carpet for every outrage. That’s why our founders enshrined the press and its freedoms in our Constitution. So I only ask the famously well-heeled Hollywood Foreign Press, and all of us in our community, to join me in supporting the Committee to protect journalists, because we’re going to need them going forward, and they’ll need us to safeguard the truth.

One more thing: Once when I was standing around on the set one day, whining about something, you know, we were going to work through supper or the long hours or whatever. Tommy Lee Jones said to me, ‘Isn’t it such a privilege, Meryl, just to be an actor?’ Yeah, it is, and we have to remind each other of the privilege and the responsibility of the act of empathy. We should all be very proud of the work Hollywood honors here tonight.

As my friend the dear departed Princess Leia said to me once, ‘Take your broken heart. Make it into art.’ Thank you.”

 

思い出

なんだか気の毒な感じのSMAPの生放送が今朝から何度もテレビで映しだされ、ファンの方々の声も様々聞こえてくる今日このごろ。年も明けてはや1月も下旬ですが。

そんな大ニュースが日本中を駆け巡る中、イーグルスのグレン・フライさんの逝去が報じられました。
中坊の頃、Hotel Cariforniaの歌詞を一生懸命に日本語にして、あぁ、なんか大人の歌なんやぁ。。。わからんなぁって。そんで「なんか分かるわぁ」みたいな感じの同級生を羨望と嫉妬の眼差しで見るみたいな西陽の当たる教室を思い出しちゃいました。
あの歌詞、暗記もしたわw

そしていーぐるすが大好きになり、なけなしのお小遣いをはたいてHotel Carifornia と Long runを買ったわけです。

(´Д`)ハァ…寂しい。。ご冥福をお祈りします。

どんぐりってば

IMG_0068
ハンサムっしょ!

きょうのわんこを観ていたら、「12才のおばあちゃんわんこ」が出てて。
うちのどんぐりは17才と3ヶ月。人間で言ったら84才♡
そりゃあヨロヨロもしちゃうよね。これからも元気で長生きしてねん。

↑って書いたけど、正しい年齢は18才3ヶ月と30日。1997年7月13日生まれです^^(2015年11月13日追記)

祝ベスト8!

錦織選手を応援してますっ
ドラゴンズが弱々で、今や私の心の支えはケイくんだけですwただ、テニスってハラハラしちゃってテレビで見続けるのは無理。
なので、スポーツニュースを楽しみにしてます。
届かないと思うけど、頑張って〜^^

本日のお昼ご飯
IMG_0003またまた冷やし中華です。2袋入りでしょ?だからひとつ余ってたんですね〜
煮玉子も煮豚も購入してしまった。。。高くついてるw
大葉は変色が心配だったのですが問題ないようです。
これはひやむぎとか、これからの冷たい麺弁当に良いニュースです^^

 

 

 

 

安保関連法案の審議で首相も防衛大臣も一環して自衛隊の人たちのリスクが高まるものではないとおっしゃっています。本当でしょうか。
この法案について与党が語っていることは嘘が多いと感じています。リスクは高まるに決まっています。
アメリカの戦争に巻き込まれない保証はないと考えています。アメリカが集団自衛権の行使を依頼してきて、それを日本の政府が断れるかと。断れない、つまりアメリカと一緒に戦争することになるでしょう。
そうしたリスクを抱えながら、それでもなお、この法案を通すことが今の日本にとって重要なことなんだ、大切なことなんだという説明をしてもらえないでしょうか。
ただただ法案が通ればいいと、都合の良い説明ばかり聞かされています。
野党の方々も「本当のこと」を導き出すような質問をしてもらえないでしょうか。

どんぐり

IMG_0005どんぐりはおじいちゃんミニチュアダックスです。
もう眼も見えていないかもしれません。すぐ側にいるのにあらぬ方向を見て私を探していたりします。
時々フラフラしてるのは足腰が悪くなってるのかなぁ。でもソファの上にぴょんと飛び乗ってきます。
今年、7月に誕生日を迎えると、長寿の表彰をしてもらえるようです。
健康であまり大きな病気をしない子です。
ずっとカメラを嫌がっていたのに、最近は何か食べ物だと思うのか近寄ってくるようになりました。
これからも元気で長生きをしてもらいたいです。

 

 

 

本日のお昼ごはん

IMG_0007普通のお弁当です。こんぶと高野豆腐の煮物、鯖の塩焼き、ソーセージ、ソーセージの下にピーマン炒めたものと、目玉焼き。玉子焼きって割と面倒なので、いつも両面焼きにしちゃいます。両面焼きしてるフライパンで同時にソーセージとピーマンを炒めます。
ご飯にかけてあるふりかけは、焼津で購入したかつお節のふりかけ。ホントはこのご飯とお味噌汁だけでいいかも。

 

デビカバ

ジミー・ペイジ大先生をきっかけに、なんだか懐かしくてyoutubeでいろいろ聴きまくっていたら思い出したんですが、私、その昔WHITESNAKEのコンサートに行っておりましたです。
友達と2人で行ったんだけど、コンサートに行く前からおっかなくてね。
きっと怖いお兄さんたちがいっぱいだよ。。。私達みたいなフツーの女子が行っても大丈夫なんだろうか。と不安な気持ちでいっぱいだったのを覚えています。
始まっちゃったらハジケチャッて周りなんか関係なかったですけどね。

2011042415221904dそれよりなによりデビカバです。
声とか曲とかそんなのあんまり覚えてなくて、あの長いふわふわした髪が、フワンフワンと揺れて、それがとにかく素敵。
色っぽいと感じたんですよね、きっと。もうドキドキしながら観てました。
ふーるふぉゆあらびんぐのーもあーーーー♪とか叫びながらw
あの髪に触れてみたかった。

って今みると、ロバート・プラント先生の方が美しい。(あ、私の趣味的にね)たぶん、お子様の私にはエロ過ぎたんですね。ロバート先生は。それに、おっかなかったし。
・・・音楽じゃないのか?
(ノ´∀`*)イエイエ、音楽です。

というわけでまたまた

ジミー・ペイジ。
BS-TBSのSONG TO SOULを観て、さらに雑誌を購入。
ロッキング・オン7月号と大人のロック!特別編集。

51RrblSD6cL._SL500_AA300_これ系の雑誌買うのどのくらいぶりかしらん。
懐かしいし、面白い。ネットで収集できる情報で十分な気もするけど、そう、その昔にこんな感じの雑誌を買って(なけなしのお小遣いでねー)好きなミュージシャンや映画俳優の記事を見つけては((o(´∀`)o))ワクワクしてたんだよね〜

そんな気分を思い出しながらページを繰っていくと、ついオイって言いたくなるような記事が。
それは、大人のロック!のとある記事。ジミー・ペイジとジェフ・ベックの関係について、「不仲だったけど、最近は友情が復活した」みたいなことが書いてある部分。「最近は」って私は書いたけど、雑誌には「老化と共に」との記載がががががが。

ありか?そんな書き方って。
こういう時に「老化と共に」なんて使わないんだよ。「老化と共に」はさ、「肌が衰える」「身体が動かなくなる」みたいなのに使うんじゃないかな。

「老化と共に仲が良くなる」・・・爆笑でしょ。

って、←雑誌購入して探してみてください。

ロバート・プラントが思っていたよりも美しいことにびっくりした。

Led Zeppelin

リマスターが発売されるっていうんで、Jimmyは4月にそのプロモーションで来日してたんですねぇ。

テレビや雑誌でJimmyを観れてホントに幸せです〜

20140530-kuchi高校生の頃には、ツェッペリンは伝説のバンドとか言われてたなぁ。うむ〜懐かしす。

最近はYoutubeでいろんなアーティストと逢えますね。かじりついてます。

いい時代ですね。

Jimmyは、コンサートやるかもねってインタビューに答えてたけど、もし実現したら日本に来るかな。

けど、東京だけだよね〜。。。きっと高くてチケット買えないよね。

  • 1
  • 2