横山秀夫著。
「半落ち」で初めて出会って以来、大好きな作家の一人です。
文章がとても緻密できっちりしてるんですね。もちろん構成とかも。
それでいて、一行で泣かされちゃったりするんです。。。

Related ルパンの消息

そんな横山秀夫氏の「幻の処女作」。改稿されているようですが、これが一作目なんだって驚きます。
他にもいろいろ読んでいますので、ご紹介できればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Post Navigation