伊坂幸太郎著

伊坂さんの本はほとんど全部読んでいます。映画も観てます。

死神の千葉の話は、「死神の精度」という短篇集で読んで以来、シリーズ化を期待していたので、今回の長編は本当に楽しみでした。

そして全く期待を裏切らない内容で、一気読み。テンポの合わない、それでいてクールでハードボイルドな音楽好きの人が現れたら。。。死神かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation