東野 圭吾著。


Related


流星の絆

読ませてくれました。
ぐいぐい引っ張られて、すっかり物語に引き込まれ、朝までかかって読み通しました。
夜中に目が覚めて読み始めたのですが、やめることができず、気づいたら朝。
こういうのが続くと、ビョーキになります。。。:*o*:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation