伊坂 幸太郎著。
この人の本は、新しいものから順番に、古い方に読んでいます。
別に他の人の本だってそうかもしれないけど、(あー森作品にはあり得ないか。新作出るたび読んでるから)そういうことが気になる人です。

Related 重力ピエロ

ていうか、あーこういうことを試しているかなとか、こんな風に書いてみたんだこのときは。なんて感じで読んでます。
この本は、テーマがとても重いので難しいのですが、一箇所ウェーンって声を出して泣きそうになったところがあります。どこか当ててください。割と簡単かなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Post Navigation